IT・ソフトウエア業界の2021年10月のM&A|件数は最多も金額は3番目

IT・ソフトウエア業界の2021年10月のM&A発表件数は16件で、10月としては2012年以降の10年間では、2014年(12件)を上回り最多となった。取引金額は1,455億円で、こちらは10月としては2012年以降の10年間では、2020年(2,420億円)、2013年(2,391億円)に次ぐ3番目となった。1,000億円を超える案件があったため上位に食い込んだ。日銀による超金融緩和やIT人材の不足などを背景に、ITソフトウエア業界のM&A市場は活況が続いている

全上場企業に義務づけられた東証適時開示情報のうち、経営権の移転を伴うM&A(グループ内再編は除く)について、M&A仲介のストライク(M&A Online)が集計した。

取引金額のトップはソニーグループの1,100億円

取引金額のトップは、ソニーグループが米国子会社のソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(カリフォルニア州)の子会社であるGame Show Network, LLC(同)のゲーム部門「GSN Games」を、モバイルゲームを手がける米Scopely, Inc.(スコープリー、同)に売却する案件。

譲渡価格は約1,100億円で、今後運転資金やその他の調整を経て正式に決める。ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは、半分を現金で、残り半分をスコープリーの優先株で受け取る。

金額の2番目は、電通グループがネット広告大手のセプテーニ・ホールディングスが実施する第三者割当増資を引き受け、子会社化する案件。総額約326億円を投じて現在20.98%の持ち株比率を52.01%に引き上げる。

セプテーニは電通グループへの傘下入りに伴い、電通グループの子会社でダイレクトマーケティング事業の電通ダイレクト(東京都港区)を2022年1月4日付で子会社化する予定。

金額の3番目は、システムリサーチがソフトウエア開発のゼネラルソフトウェア(東京都千代田区)の全株式を取得し子会社化する案件で、取得価格は約11億9,800万円。システムリサーチは東海圏を地盤としており、ゼネラルソフトウェアの子会社化で関東圏と関西圏での取引拡大などを目指す。

このほかに10億円未満が5件、金額非公表が8件あった。

【IT・ソフトウエア業界の2021年10月のM&A】

八木チエ

八木チエM&A INFO プロデューサー

投稿者プロフィール

大学卒業後、7年間IT会社の営業を経験し、弁護士事務所に転職。
弁護士事務所で培った不動産投資の知識を活かし、業界初の不動産投資に特化したメディアを立ち上げ。2018年に株式会社エワルエージェントを設立。不動産投資「Estate Luv」、保険「Insurance Luv」などのメディア運営やメディアのコンサル事業に特化。
M&A業界が盛んになった今、M&Aの情報を正しく伝えたい、もっと多くの人にM&Aの魅力を知ってもらいたいと思い、M&Aに特化したメディア「M&A INFO」を立ち上げ。より有益な情報を多く配信している。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「起業しても1年で半分の会社がなくなる、10年以上続いている会社はわずか1%」 と…
  2. 人材の採用・育成が大変だから、優秀な人材を抱えている会社を買いたい 新規事業の開発をしたい…
  3. 「M&A」という言葉は、経営者であれば一度は聞いたことがある方はほとんどでしょう。 …
  4. 少子高齢化による人材不足、経営環境の変化など様々な問題の影響により、数十年も経営してきた会社の事…
  5. M&Aを検討しているものの、どこに依頼したらいいのかと分からない方も多いのではないでしょうか…
  6. こちらの記事をお読みの方の中で、会社、企業を売りたいと検討されている方もいらっしゃるのではないで…
ページ上部へ戻る